鍼灸について

鍼灸の特徴

経絡の調節で弱った体に活力を与え、副作用も少なく自己治癒力を増強し、健康維持、疾病予防、病気の治癒に効果を発揮します。最近では西洋医学の補完・代替医療としてその効果が再認識されています。


鍼灸の作用機序

鍼灸刺激によって、自律神経系、内分泌系、免疫系、に作用して、生体の恒常性の安定させていると言われています。

鎮痛の作用には次の諸説があります。

1ゲートコントロールセオリー

2エンドルフィンの分泌促進

3末梢神経の遮断効果

4痛覚閾値の上昇

5血流改善


鍼灸の適応疾患

NIH(米国 国立衛生研究所)の見解として、鍼灸が各種の病気に対して、西洋医学の代替治療として有効であると発表しました。

有効とされた病気には以下のものがあります。

  • 【神経系疾患】神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
  • 【運動器系疾患】関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
  • 【循環器系疾患】心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
  • 【呼吸器系疾患】気管支炎・喘息・風邪および予防
  • 【消化器系疾患】胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
  • 【代謝内分秘系疾患】バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
  • 【生殖、泌尿器系疾患】膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
  • 【婦人科系疾患】更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
  • 【耳鼻咽喉科系疾患】中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
  • 【眼科系疾患】眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
  • 【小児科疾患】小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

注意事項
  1. 治療後まれにではありますが、体がだるい等の症状が出ることがあります。これは東洋医学の言葉で瞑眩といい好転反応の一種でむしろ効果の表れる証拠と言われています。
  2. 鍼刺激による内出血もしくは灸刺激によるやけどをすることがあります。あとは残らず1-2週間ほどで消えていきます。
  3. 治療直後の入浴はなるべくお控えください。2-3時間後であれば問題ありません。